○○台公園ワン倶楽部

今から10年ほど前
毎朝メイと散歩に行く公園には
『○○台公園ワン倶楽部』という遊び仲間がいました。
同じ時間帯に散歩で出会うワンコと飼い主さんのグループです。
犬種も様々、飼い主さんもいろいろ、バラエティに富んでいます。

お花見やお茶会、クリスマス会などを楽しんだり、
季節ごとに小さい冊子を発行したりしていました。
ウケたのが 『犬無し、子無し、夫無し、夜のお出かけ大作戦』 (^◇^)

冊子と呼ぶにはあまりにも手作りの可愛いものですが、
ワンコ飼いに役に立つと思われる情報や
エッセイ、お料理メモ、ワンコ連れお出かけスポット、獣医さんの紹介とか、
公園デビューの子犬紹介等の記事を載せていました。

エッセイは
名前の由来や、うちの子こんなに賢いの!とか、うちの子って○○に似てる!とか
毎回テーマを決めて
30人ほどの倶楽部の人に順番に書いてもらっていました。

最初は、手書きのコピー、カットも色えんぴつ画だったのが
だんだんページ数も増え、ワープロ、カラー印刷になっていきました。

f0136850_11293583.jpg


そのうち、みんなの生活パターンも変わって行き、
3年足らずで休会となってしまいましたが
楽しかったことばかり、懐かしく思い出されます。
一緒に編集をしていたお友達とは、今もお付き合いがあります。


ブログなんて身近になかったけれど
昔からワンコ好きのみんなでオフ会?のようなことをしていましたね~・・・。

さすが、脳内メーカーの脳が『遊』で満たされてる誰かさんです。






懐かしい記事の中から・・・


<ビッケの名前の由来>
 
ビスケット・・ビスケット・・ビースケ・・ビッケ。こんな風にビッケという名前がつきました。
ちょうどその頃、『ちいさなバイキング ビッケ』というアニメの再放送もしていました。
それは、小さな男の子ビッケが、海賊達を相手に知恵を使い次々とやっつけ、仲間の大人の
バイキングからも信頼されている、元気で明るい男の子の物語です。

うちの2人の息子達もその物語が大好きでした。そのやんちゃなイメージが、
うちにやってきた生後一ヶ月のビッケにぴったりだったのです。
うちのビッケは女の子なのですが、小さい頃はすごくやんちゃで、思っていることが目や体の動きで分かるほど表情が豊かでした。

キャバリアのメイちゃんとは、公園で初めてお友達になった幼馴染です。
やんちゃ盛りのビッケはメイを追い掛け回し、いやーな顔をするメイをハードル代わりに飛び越え、時にはライダーキーック!!等をしたりで、それをみていた私は、メイに怪我をさせないか、ひやひやしていました。メイ母さんも大きな心で許してくれました。
2歳半になったビッケは少し女の魅力も出て来たらしく、男の子にモテる様になり、年頃の娘を持ったわたしとしてはちょっぴり心配な、今日この頃です。 

                               ビッケ母 
                        (平成8年度ワン倶楽部冬号より)





前にピエロにもよく遊びに来てくれていた、さつきさんのビッケ(シェルティ)です。


そのビッケ(13才と10ヶ月)が数日前に、お星様になってしまいました。


お家の方のお気持ちを思うと・・・胸が痛みます。
メイに理解できれば、きっと嘆き悲しむと思います。

ビーちゃん、
いままで仲良くしてくれてありがとう。
あなたのことは、決して忘れないよ!


f0136850_11445553.jpg




言葉には出来ないくらい、悲しくて寂しいです。

今日はビーちゃんのこと、メイも若くて元気だった頃のこと、
思い出していたいです。

長い話にお付き合い下さり、心から感謝します。
[PR]

by komorebi0922 | 2008-03-26 12:11 | あいらぶわんこ